octa


〜駒宮博男氏の「地域学」の為の紹介図書〜


□「成長の限界」の シリーズ(1972年1992年2002年)
 ・「成長の限界」ローマ・クラブ「人類の危機」レポート」1972年
 ・「限界を超えて 生きるための選択」1992年
 ・「成長の限界 人類の選択」ドネラ・H・メドウズ他2002年
□シューマッハー「スモール イズ ビューティフル」
□広井良典「人口減少社会という希望」「定常型社会」他
□セルジュ・ラトゥーシュ「経済成長なき社会発展は可能か?」
□内山節「日本人はいつから狐にだまされなくなったか」他
□宮本常一「忘れ去られた日本人」他
□網野善彦「中世再考」他
□渡辺京二「逝きし世の面影」
□高崎彦吉(元長野県栄村村長)
□三沢勝衛「風土の発見と創造」(地元学創始者)

— 5ヶ月前

35dh-1:

早かったような長かったようなこの3年。正直、今東京に住んでいるとそんなに実感が無いのですが、被災地の早くの復興は願ってます。震災直後にブラジルのピアニスト、André Mehmariから届けられたこの曲を…

— 7ヶ月前・リアクション1件
ちょっと目線を変えてみれば、そう、それはもうPRの世界。 - 電通報 →

『PRはファクトありき。そのファクトに個別の生活者のベネフィットを掛け合わせることで、生活者が企業に対してエンゲージメントを感じるようなストーリーを構築し、これをペイド、アーンド、シェアード、オウンドのPESO※1のメディアミックスでコミュニケーション設計にアジャストし』

— 7ヶ月前